HOME>アーカイブ>オープン前から勝負は始まっていて、徹底リサーチが鍵を握る

若さが武器になる

JOB SEARCH

景気の回復基調を受けて、飲食店の新規オープンが増えています。それ自体は喜ばしいことですが、調査機関が出している数字によると、そのうちの六割が三年以内に閉店を余儀なくされています。厳しい数字ではありますが、飲食で成功をすると巨額のお金を手にすることが出来ます。20代で開業する方も増えていますし、定年を迎えてから飲食を仕事にするシニアも増えています。成功者にノウハウを聞くのも良いですし、アルバイトやパートをして一から仕事を学ぶのもお勧めです。また、マーケティング会社を使うことも失敗を防ぐ術だと言えます。前面道路の車の通行量や、近隣住民の年代構成を調べておくと、立地の際の参考になると言われています。駐車場の確保も重要で、三年後や五年後を見据えてビジョンを描いておくことです。軌道に乗るまでが大変ですが、石の上にも三年の精神で頑張ることが成功の秘訣です。

下積みが糧になる

カフェ店員

一口に飲食店と言っても、店舗の形態は様々です。居酒屋、レストラン、喫茶店、ラウンジ、営業時間や客層もバラバラですし、一見すると共通する部分はないと思われています。しかし、見切り発車でオープンすると失敗するのが飲食業です。半年程度は他店で修行を積むことで、技術や接客マナーを盗んで覚えて下さい。経営する側に立てば、従業員の確保と教育も重要な責務になります。衛生面や反社会勢力の不当な要求にも、最大限に気を付ける必要があります。保健所や警察との連携も大切になりますし、講習や訓練にも必ず参加するようにして下さい。飲食を仕事にすることは、一筋縄には行かないことも多いはずです。ただ、お客さんの笑顔で疲れは一瞬で吹き飛びます。

広告募集中